公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p22530

ニュース

2019年2月19日

介護予防 効果てきめん

「いきいき百歳体操」へ参加 
高知市で大口、石田両氏

いきいき百歳体操に参加する(右手前から)大口氏と石田氏=18日 高知市

大口善徳厚生労働副大臣(公明党)と公明党の石田祝稔政務調査会長は18日、高知市立一ツ橋小学校内の生涯学習室を訪れ、介護予防教室として行われている「いきいき百歳体操」に参加し、状況を視察した。高木妙・高知市議が同行した。

2002年に高知市で開発されたこの体操は、同市内全域の365カ所で週1回以上行われているほか、筋力アップなどによる介護予防の効果が評判を呼び、全国の460市区町村(18年12月末現在)に普及している。

この日は、地域の高齢者など約30人が集まり、テレビ画面の映像に合わせて約40分間の体操を開始。手首や足首に重りを巻き付け、腕や脚を持ち上げる運動などに励んだ。

大口氏は、「実際にやってみて効果を実感した。地域のみんなで集まり、楽しく継続的に行える取り組みとして、全国に広がれば良いと思う」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア