公明党トップ / ニュース / p224763

ニュース

2022年1月16日

現場第一で走り、声を聴く

公明党の参院選比例区予定候補7氏

「大衆とともに」との立党精神が示されて60年――。公明党は「今年こそコロナを乗り越え、日本再生への確かな道を開く」(山口那津男代表)との決意で年頭からアンケート運動や街頭演説、住民懇談などに取り組んでいます。現場第一で奔走する参院選比例区予定候補7氏を紹介します。

(年齢は掲載日現在)

よこやま信一氏 現
デジタル化 取組み後押し

「一人の声に寄り添い続け政策に生かす」。よこやま信一氏は12日、札幌市の株式会社プロ・フィールを訪問し、「中小企業・小規模事業者支援」のアンケートを実施。

建設現場の安全管理を担う同社の佐藤順人代表取締役は、「デジタル化の遅れが、ビジネスの効率化を妨げている」と強調。「国として具体的な支援策を分かりやすく示してほしい」と求めました。よこやま氏は、「中小企業が恩恵を受けられる取り組みを進めていく」と述べました。

【略歴】前復興副大臣。党復興・防災部会長。北海道大学大学院博士課程単位取得。参院議員2期。62歳。

竹内しんじ氏 現
3回目接種の促進を訴え

「生活者の困っている声を受け止め、政策を実現する」と、竹内しんじ氏は連日、関東、信越の各地を回り、街頭演説を繰り広げています。

5日、千葉県松戸市で行った街頭演説では、新型コロナ対策として、「3回目のワクチン接種や飲み薬の実用化を全力で進める」と強調。コロナ禍で深刻化する孤独・孤立問題の対策や、河川への水位計設置をはじめとする防災・減災対策など、国民の命と暮らしを守るため「真剣に働き抜く」と訴えました。

【略歴】党遊説局長。元公明新聞政治部長。参院議員1期。早稲田大学卒。57歳。

上田いさむ氏 新
若者が希望持てる社会築く

参院選に初めて挑む上田いさむ氏は、岐阜・静岡・愛知・三重・富山・石川の6県を駆け回っています。

11日には、党石川県本部が金沢市で開いた街頭演説会に出席。新成人への励ましや新年の決意を述べました。

公明党の実績として、教育費の負担を減らす「3つの無償化」や、ワクチン接種無料化などのコロナ対策をアピール。「未来を担う若者が希望を持てる社会を築いていく決意だ」と力説しました。

【略歴】党政務調査会長代理。元財務副大臣。衆院当選7回。東京大学卒。63歳。

熊野せいし氏 現
中小企業への支援強力に

中小企業の支援拡充に向け熊野せいし氏は11日、奈良市を訪れ、飲食店や製菓業などを経営する株式会社八宝の木村有香取締役にアンケート調査を行いました。

木村取締役は、中小企業を支援する各種補助金について「申請の手続きが煩雑で、現場の負担は大きい」と指摘。申請に関する支援体制の充実などを要望しました。

熊野氏は「現場の声を政策に反映させ、日本経済を支える中小企業への支援を強化したい」と決意を述べました。

【略歴】前農林水産大臣政務官。党国際局次長。参院議員1期。愛媛大学大学院博士課程修了。医学博士。56歳。

谷あい正明氏 現
出産費用の負担軽減急ぐ

谷あい正明氏は5日、岡山市で3児の子育てに奮闘する金田美咲さんを訪ね、アンケート調査を実施しました。金田さんは、出産費用が3回とも出産育児一時金の42万円を「10万円ほど超えてしまい大変でした」と回答。また、子ども医療費についても「岡山市では小学生以上の外来が一部負担です。助成を拡充してほしい」と訴えました。

谷あい氏は、「一時金の増額や子ども医療費の無償化へ全力で取り組みます」と力強く応じました。

【略歴】党参院幹事長、同国際委員長。京都大学大学院修士課程修了。参院議員3期。48歳。

くぼた哲也氏 新
生活者目線で政治進める

くぼた哲也氏は10日、長崎市を訪れ、ともに子育て中の山田奈津美さん、吉村さやかさんから、子育て世帯を対象とする1人10万円給付の状況を聞きました。

昨年12月に給付を受け取った2人は、10万円を生活費などに活用。吉村さんは「うれしいの一言です」と語り、山田さんは、周囲の友人からも喜びの声が届いたことを明かしました。くぼた氏は、「今回の給付が喜ばれていると実感した。現場目線を大切にしていく」と決意を語りました。

【略歴】党団体局次長、同離島振興対策本部事務局次長。明治大学法学部卒。56歳。

宮崎まさる氏 現
子どもたちの未来を応援

「次世代を担う子どもの未来を全力で応援する」。宮崎まさる氏は9日、さいたま市で谷合健一さん一家と懇談し、18歳以下の子どもへの1人当たり10万円の給付について喜びの声を聞きました。

3人の娘を育てる谷合さんと妻の由紀子さんは「学費がかさむので、給付はとても助かる。子どもたちのために大切に使っていきたいです」と強調。宮崎氏は、「子育て支援策のさらなる充実に、今後もしっかり取り組んでいく」と力強く語りました。

【略歴】前環境大臣政務官。党環境部会長。参院議員1期。埼玉大学卒。63歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア