公明党トップ / ニュース / p224705

ニュース

2022年1月15日

障がいの有無、隔てなく

インクルーシブ学童視察 
三浦氏ら

インクルーシブ学童を視察する(前列左から)三浦、佐々木、古屋の各氏ら=14日 神奈川・横須賀市

公明党障がい者福祉委員会の三浦のぶひろ委員長(参院議員、参院選予定候補=神奈川選挙区)は14日、神奈川県横須賀市で、障がいの有無に関係なく児童が共に放課後を過ごすインクルーシブな学童クラブ「sukasuka―kids」を視察し、関係者と懇談した。古屋範子副代表、佐々木さやか参院議員らが同行した。

運営者の五本木愛代表理事は、同学童について「子どもの時から障がいのある友人が隣にいれば、差別や偏見を持たない大人になれると考え開所した」と紹介。児童の様子については、34人の定員のうち半数程度が障がい児だと話し、「最初は障がいの有無に子どもたちも戸惑うものの、最後は相手のしぐさだけで気持ちを感じ取れるようになる」と述べ、一定の成果が出ていることを強調した。

三浦氏は「教育の部分でも大きな効果があると感じた。取り組みを広げていきたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア