公明党トップ / ニュース / p224430

ニュース

2022年1月14日

資源の3割 異物が混入

東京の分別施設で実態調査 
西田、竹谷、宮崎の各氏

資源の分別施設を視察する(左から)宮崎、竹谷、西田の各氏=13日 東京・足立区

公明党の西田まこと参院会長(参院選予定候補=埼玉選挙区)は13日、東京都足立区にある株式会社首都圏環境美化センターを訪れ、ペットボトルや空き缶の資源再利用を巡る課題を調査した。竹谷とし子都本部副代表(参院議員、参院選予定候補=東京選挙区)、宮崎まさる環境部会長(同=比例区)が参加した。

一行は、自動販売機の付近に設置されているリサイクルボックスで回収されたペットボトルなど資源の仕分け施設を視察。リサイクルボックスにビニール傘や電池、弁当箱などの異物が混入し、分別作業に追われている状況を確認した。

同センターの斉京由勝代表取締役らは、異物が全体の3割に上ると述べ「異物により壊れた機械修繕に年3000万円、廃棄物処理に年1億円の費用が発生している」と窮状を語った。日本自動販売協会の井内邦俊専務理事は「国と自治体が協力して、この課題を解決してほしい」と訴えた。

西田参院会長らは、「環境保全へ、しっかりと取り組んでいく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア