公明党トップ / ニュース / p224416

ニュース

2022年1月14日

新型コロナ そこが知りたい!

受験生の対応 
感染者は追試験を申請 
無症状の濃厚接触者は別室で

今週末に実施される大学入学共通テストを皮切りに、受験シーズンが本格的に始まります。一方で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が広がりを見せるなど全国的に感染が拡大しており、万が一、受験生が感染したり、濃厚接触者と認定された場合は、どう対応したらいいのでしょうか。

もし感染して入院や自宅療養が必要となった場合は、当日の受験ができなくなります。しかし、受験機会の確保のため、大学などが独自に追試験の日程を設定しているケースがほとんどですので、受験票などに記載されている問い合わせ先や大学・学校などに連絡して申請してください。大学入学共通テストは今月29、30日に追試験が行われます。追試験を希望する人は14日が午前9時~午後5時、15日が午前7時30分~午後6時10分、16日が午前7時30分~午後5時50分までに申請が必要です。

また、濃厚接触者となった場合は、①検査結果が陰性②当日も無症状③公共交通機関を使わず試験会場に移動――の条件を満たす受験生は、別室での受験が可能です。その上で移動手段については、事前に予約したタクシーやハイヤーを利用することができます。予約せずに「流し車両」を利用することはできませんので必ず予約してください。

タクシー手配の相談窓口を設置

一方、自力でタクシーなどの予約ができない場合を想定し、政府はタクシー手配を支援する相談窓口(03.6734.3317)を設置しました。受付は平日午前9時30分~午後4時45分です。詳しくは文部科学省のホームページ「大学入試情報提供サイト」で確認してください。

政府は当初、オミクロン株の濃厚接触者の受験やタクシー利用を認めていませんでした。これを受け公明党は受験機会が不公平にならないよう政府に方針の見直しを求めていました。

文科省の「大学入試情報提供サイト」はこちらから

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア