公明党トップ / ニュース / p224397

ニュース

2022年1月14日

アンケート運動 現場の声聴く 堺市で北側氏

外国人材の雇用に影響 
中小企業支援

植田代表取締役社長(右)から外国人材の雇用問題について話を聴く北側副代表=12日 堺市

公明党の北側一雄副代表は12日、堺市東区でアルミニウムの表面処理加工を手掛ける植田アルマイト工業株式会社(植田信夫代表取締役社長)を訪れ、中小企業の支援拡充に向けたアンケートを行った。

植田社長は、コロナ禍の雇用問題について言及。新たに採用した外国人材が、入国制限により日本に入国できず、人手不足につながっている実態を指摘した上で「早急に、現状を改善してほしい」と述べた。

北側氏は「外国人材の問題は多くの中小企業が抱えている」と語り、国に働き掛けていく考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア