公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p22213

ニュース

2019年2月15日

「就職氷河期世代」の支援策を検討

党厚労部会など

公明党の雇用・労働問題対策本部(本部長=山本香苗参院議員)と厚生労働部会(部会長=高木美智代衆院議員)は14日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、就職時期がバブル崩壊後の不況期と重なった「就職氷河期世代」の自立・就労の状況について、政府から説明を受け、今なお無職や不安定な就労状態の人が多い現状などを確認した。

高木部会長は、「就職氷河期世代」の多くが40歳代になってきており、2040年頃には高齢者になることに触れ、「さらなる支援策を検討したい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア