公明党トップ / ニュース / p220275

ニュース

2021年12月14日

コロナ飲み薬、供給早く

第6波へ医療の備え万全 
NHK番組で伊藤(渉)氏

公明党新型コロナウイルス感染症対策本部の伊藤渉事務局長(衆院議員)は12日、NHK番組「日曜討論」に与野党のコロナ対策の責任者と共に出演し、コロナ対策の「切り札」とされている飲み薬について「早ければ年内、遅くても年明けには医療現場に供給できるよう総力を挙げて取り組む」と強調した。

この中で伊藤氏は、各国で感染が広がる新たなコロナ変異株「オミクロン株」への対応について、政府の水際対策が効果を発揮していると力説。「第6波」への備えでは、「第5波」のピーク時の3割増となる約3万7000人が入院可能な体制を確保し、コロナワクチンの3回目接種も進めていることなどに触れ、万全を期す考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア