公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p21912

ニュース

2019年2月11日

安定政権で課題を克服

統一選、参院選勝利し共に国民の期待応える 
山口代表、自民党大会に出席

自民党大会であいさつする山口代表=10日 都内

公明党の山口那津男代表は10日午前、都内で開かれた自民党大会に来賓としてあいさつし、自公の連立政権が発足し今年で20年になることについて、「野に下った時もあったが、お互いに風雪に耐え忍んだ期間が貴重だった。政権を奪還した重みをかみ締め、これからも内外の課題を乗り越えていく」と強調した。

山口代表は、千葉県野田市で起きた小学4年女児の虐待死事件や、厚生労働省の毎月勤労統計問題に言及し、「しっかりと取り組み、国民の安心をつくり出さないといけない」と指摘。万全な対策を進める決意を表明した。

20カ国・地域(G20)首脳会議など、国内で諸外国を招く行事が相次ぐことにも触れ、「日本が、対話による多国間の協調をつくり出す絶好の機会だ。政権の安定なくして、これらを乗り越えていくことはできない」と力説。「統一地方選、参院選を勝ち抜いて政権安定の基盤を構築し、共に、国民の期待に応えていきたい」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア