公明党トップ / ニュース / p218558

ニュース

2021年12月6日

女性が働きやすい環境に

三浦青年局長 若手研究者と意見交換 
横浜市でユーストーク

若手研究者らと意見交換する三浦局長(中央)=5日 横浜市

公明党の三浦信祐青年局長(参院議員)は5日、横浜市内で開かれた党神奈川県本部青年局(局長=行田朝仁横浜市議)主催の「ユーストークミーティング」に出席し、若手研究者らと意見交換した。

冒頭、三浦青年局長は「経済の再生に科学技術の発展が不可欠」と強調。人材の確保と育成が重要だと力説し、「現場で奮闘する若手研究者が必要としていることを聞き取り、政策に反映させていきたい」と述べた。

会合では、東京都内の大学院で計測工学を学ぶ門倉美幸さんが「研究に時間とお金がかかり過ぎ、生活費の確保が難しい。支援を拡充してほしい」と要望。また、参加した女性研究者からは「結婚や出産、子育てと、研究との間で悩む人が周囲で多い。女性が働きやすい環境を整えれば、有能な研究者が増えると思う」との意見が上がった。

三浦青年局長は「女性の社会進出の視点から重要な指摘だ。関係省庁に声を届けていきたい」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア