公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p21842

ニュース

2019年2月10日

福島の震災記憶を継承

アーカイブ拠点起工式で浜田副大臣があいさつ

あいさつする浜田副大臣=9日 福島・双葉町

浜田昌良復興副大臣(公明党)は9日、福島県双葉町で「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」の起工式に出席し、あいさつした。同施設は、大震災と東京電力福島第1原発事故の記録や記憶を後世に継承し、教訓とすることが目的。3月末までに本格着工し、2020年夏のオープンをめざす。

浜田副大臣は「復興に向けたさまざまな課題に果敢に挑戦する姿を発信し、福島の今とこれからを世界に伝えていく施設でもある」と指摘。「多くの人々が訪れてもらえるよう、関係省庁と連携し、支援していく」と述べた。

双葉町の伊澤史朗町長は「未曽有の複合災害に関する町民や福島県民の現在進行中の経験は、言葉だけでは語り尽くせない。それでも、われわれの経験を、世代を超え、国を超えて継承し、共有する使命があると考えている」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア