公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p21838

ニュース

2019年2月10日

高次脳機能障がい対策拡充めざす

福祉フォーラムで力説 
山本氏

見解を述べる山本氏=9日 大津市

公明党障がい者福祉委員会の山本ひろし委員長(参院議員、参院選予定候補=比例区)は9日、滋賀県大津市内で開催されている「第23回アメニティーフォーラム」のシンポジウムに出席し、各党代表と共に見解を述べた。同フォーラムは、障がいのある人や高齢者、その家族らが安心して暮らせる社会のあり方を考える場として毎年、同市で開催されている。

山本氏は、交通事故や病気などで脳が損傷し、認知機能に支障が出る高次脳機能障がいに関して、教育現場で同障がいへの理解が遅れている現状や、相談支援体制が地域によってばらつきがあることを挙げ、対策拡充の必要性を指摘。「法整備

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア