公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p21808

ニュース

2019年2月9日

児童虐待 再発防ぐ体制 万全に

大口、浮島 副大臣
女児死亡巡り千葉で聴取

女児の虐待死事件について聴取する(左から)浮島、大口の両副大臣=8日 千葉・野田市

大口善徳厚生労働副大臣と浮島智子文部科学副大臣(いずれも公明党)は8日、千葉県野田市役所を訪れ、同市で起きた女児の虐待死事件について、鈴木有市長や佐藤裕教育長らから聴取した。

冒頭、大口副大臣は、「状況を正確に把握し検証する。このような事態が二度と発生しないよう万全の体制を敷いていく」と強調。浮島副大臣とともに、児童相談所と学校の連携の状況などについて、時系列での詳細な説明を受けた。

関係者からの聴取後、大口副大臣は記者団に対して、一つ一つの虐待の兆候を見逃さないよう関係機関の連携を強化し、「積極的に解明、調査をしていくことが大事だ」と述べた。浮島副大臣は、市に対し、児童の心のケアなどを求めたとし、聴取内容を13日に初会合を開く再発防止に向けた省内の特別チームでの議論に生かす考えを示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア