公明党トップ / ニュース / p207931

ニュース

2021年11月22日

この人に聞く 公明党の副大臣

個人、企業支援 迅速に届ける 
財務副大臣 岡本三成氏

財務副大臣 岡本三成氏

――就任の抱負は。

一日も早い新型コロナの収束と経済再生を前に進めていきます。政府の新たな経済対策の柱となる生活困窮者への支援とともに、“未来への投資”でもある18歳以下(高校3年生まで)への10万円相当の給付など国民に必要な支援を迅速に届けられるよう万全を期していきます。

公明党出身の副大臣として、どこまでも現場目線を貫き、一人一人の生活が豊かになることを目的とした財政運営に全力を尽くします。

――力を入れたい政策は。

教育や社会人の能力開発などを支援する“人への投資”が経済再生へのカギです。長期化するコロナ禍の影響で収入が減少した非正規雇用の女性などへの支援に一層、力を入れなければなりません。給付金を受給しながら無料で職業訓練が受けられる「求職者支援制度」は、これまで公明党の要望などで拡充・延長されてきました。この制度のさらなる充実が重要だと考えています。

――来年度税制改正や予算編成への対応は。

「成長と分配の好循環」をめざし、財務省としても賃上げを後押しして消費の拡大につながるような政策をめざします。また、予算編成では、何よりも国民の皆さまの納得が得られる中身になるよう、しっかり目配りしていきます。

第2次岸田内閣で就任した公明党の副大臣、大臣政務官を紹介する。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア