公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p20517

ニュース

2019年1月24日

勤労統計問題 初歩的ミス 漫然と踏襲

党合同会議で高木部会長「厚労省の責任 実に重い」

勤労統計問題に関する監察委の報告書を巡って意見を交わした党合同会議=23日 衆院第2議員会館

公明党の厚生労働部会(部会長=高木美智代衆院議員)と雇用・労働問題対策本部(本部長=山本香苗参院議員)は23日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、厚労省の「毎月勤労統計」が不適切な方法で処理されていた問題に関する特別監察委員会の調査報告書を巡って意見交換した。

高木部会長は冒頭、不適切な方法が是正されず続いてきた経緯や背景などを示した報告書を踏まえ「本当に初歩的なミスが漫然と踏襲されていた。厚労省の責任は実に重い」と厳しく指摘。政府に対し、今後さらに真相究明を進めるよう求めた。

また、雇用・労災保険などの追加給付については、厚労省のコールセンターに連日多数の問い合わせが寄せられている現状も念頭に、「一日も早い給付開始が求められている」と強調した。

席上、厚労省は、監察委の報告を受けて厚労相が関係者への処分を行い、厚労相、副大臣らも給与を自主返納すると報告。一方、これまで公表していた現金給与総額などのデータを再集計した修正値も提示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア