公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p19884

ニュース

2019年1月15日

若者活躍の社会を構築

公明、「成人の日」祝い街頭活動 
山口代表は東京・葛飾区

公明党は14日を中心に「成人の日」を記念する街頭演説会などを全国各地で開催。山口那津男代表や国会・地方議員らは、新成人へエールを送るとともに、「18歳成人」や奨学金の拡充など党の実績や政策を訴えた。

関連記事

街頭で新成人にエールを送る山口代表(中央)ら=14日 東京・葛飾区

山口代表は14日午前、東京都葛飾区の京成青砥駅前で地元の都議、区議と共に成人の日を迎えた青年を祝福した。今年、全国で125万人(1月1日現在)が新成人となったことに触れ、「公明党は若者の声をさらに政治に反映し、希望が実現されるよう努力していく」と強調した。

また成人年齢について、山口代表は、2022年4月から18歳に引き下げられると紹介し、「1876(明治9)年以来140年以上続いてきた『大人』の定義を変える大きな制度改正だ。少子高齢化が進む中で、若い皆さんが現実的に早く社会参加し、活躍できるよう推進してきた」と述べた。

一方、山口代表は、新成人に占める外国籍の人の割合が年々、増加傾向にあると指摘。今年4月には、外国人材の受け入れを拡大する改正出入国管理法が施行されることも踏まえ、「どのような国籍の人とも共に暮らしていける共生社会をめざしていく必要がある」と呼び掛けた。

また、党青年委員会が取り組む政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2019」に関しては、「これまでも若者の声を受け、奨学金の拡充や雇用の改善など政策実現で結果を出してきた」と力説。「今後も、より多くの声をカタチにしていく」と強調した。

参院選比例区予定候補が訴え

若者雇用などで青年から意見を聞く若松氏(中)=13日 秋田市

【秋田】若松かねしげ参院議員は、秋田市で青年党員と共に党青年委員会の政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2019」を使った懇談会を開催。青年党員からは「最低賃金の引き上げを求める友人、知人が多い」などの声が寄せられた。

「青年の声を形にしていく」と訴える平木青年委員長(左から3人目)ら=14日 栃木・小山市

【栃木】平木だいさく参院議員(党青年委員長)は、栃木県小山市で西村しんじ県議(党県青年局長、県議選予定候補)らと共に街頭演説会を実施し、「公明党は未来を担う青年の声を大切にし、形にしていく」と訴えた。

新成人へエールを送る山本さん(前列右)ら=14日 大津市

【滋賀】山本かなえ参院議員は、大津市でマイクを持ち、最低賃金の引き上げや働き方改革など「若者の声から多くの政策を進めることができた」と強調。新成人へ「今後も若者を支援していきたい」とエールを送った。中村さいじろう県議、清水ひとみ市議(いずれも県議選予定候補)らもあいさつした。

党愛媛県本部青年局とVAを行う山本氏(右から2人目)=14日 松山市

【愛媛】山本ひろし参院議員は、松山市で党県青年局(局長=吉冨健一・松山市議)のメンバーとVAを行った。協力した若者からは、「最低賃金を上げてほしい」などの声が寄せられ、山本氏は「皆さんの声を国政に届けたい」と応じた。

青年世代に向けた公明党の政策を訴える、かわの氏(中)ら=13日 鹿児島市

【鹿児島】かわの義博参院議員は、鹿児島市で党県青年局(局長=松尾誠・鹿児島市議)の街頭演説会に参加。公明党が青年世代の声を給付型奨学金や幼児教育の無償化など、数々の政策として実現させてきたことを強調し、「これからも若者の声を代弁していく」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア