公明党トップ / ニュース / p197966

ニュース

2021年11月1日

新型コロナ そこが知りたい!

市販の抗原検査キット 
陽性判定が自宅で可能に 
短時間で結果、陰性証明にはならず

新型コロナウイルスの感染を自分で調べられる「医療用抗原検査キット」の薬局販売が、各地で始まっています。微熱、だるさなど体調が気になる場合、自宅で短時間に陽性かどうかが分かるのが特徴です。ただし、体内のウイルス量が少ないと、感染していても結果が陰性になる場合があり、陰性証明にはならないなど注意も必要です。無症状者への使用も推奨されていません。

抗原検査は、PCR検査より精度が劣るものの、15~30分ほどで結果が判明します。国が承認した医療用キットは、これまで医療現場などで使われてきましたが、感染拡大防止の一環として、厚生労働省が9月に薬局販売を認めました。

一方、「研究用」と称して売られているキットもありますが、消費者庁は「性能などが確認されたものではない」と指摘。医療用キットを購入したい場合は「体外診断用医薬品」と表示されているかを確認するよう促しています。

購入の際は、薬剤師から使い方などの説明を受け、同意書に署名します。一般的な検査手順としては、自分で鼻に綿棒を挿入して検体を採取します。他人による採取は、飛沫による感染の恐れがあるので避けてください。

検査の結果、陽性であれば速やかに医療機関を受診します。陰性であっても「偽陰性」の可能性があるため、症状がある場合は医療機関を受診してください。無症状でも、感染予防策は引き続き必要です。

このほか厚労省は、既に体調不良の場合、キットを購入するのではなく、医療機関を受診するよう求めています。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア