公明党トップ / ニュース / p196955

ニュース

2021年10月26日

自公、大逆転へ結束

いなつ、岡本候補を力強く応援

自民・河野氏

いなつ久候補(左)への絶大な支援を呼び掛ける河野氏=25日 北海道美唄市

【北海道10区】自民党の河野太郎広報本部長は25日、北海道美唄市で行われた公明党前職のいなつ久候補(自民党推薦)の街頭演説会に駆け付け、「政治家としての決断力、先見性を備えている、いなつさんを国政に送ってほしい」と呼び掛けた。

河野氏は、ワクチン接種担当相としてコロナワクチンの円滑な接種に取り組んできたことに触れ、「その最大の功労者が、ワクチンの早期確保を進めたいなつさんだ」と力説。さらに今回の選挙について「自公政権で日本の自由と民主主義を守るのか、共産党の言うことを聞かざるを得なくなっている野党が、共産党の一党独裁への一歩を踏み出してしまうのかが問われている」と述べた。

いなつ候補は、民主党政権時代に大幅に削減された農地の土地改良事業の予算復活に尽力してきたとし、「基幹産業である農業を守ることが、地域の産業や生活を支えていくことになる」と強調した。

萩生田経産相

岡本みつなり候補(右)への絶大な支援を呼び掛ける萩生田経産相=25日 東京・北区

【東京12区】萩生田光一経済産業相は25日、東京都北区で行われた公明党前職の岡本みつなり候補(自民党推薦)の街頭演説会に駆け付け、「コロナから一日も早く脱却して元気な日本をつくるため、負けられない。共産党に東京12区を渡すわけにはいかない」と訴え、絶大な支援を呼び掛けた。

萩生田経産相は、菅政権で文部科学相を務めていた当時を振り返り、公立小学校の1クラスの人数を40人から35人に引き下げる「少人数学級」について、「岡本さんがサポートしてくれ、実現にこぎ着けることができた。力を合わせて頑張った結果だ」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア