公明党トップ / ニュース / p196624

ニュース

2021年10月24日

子どもの未来守り抜く

子育て夫婦と意見交わす

子育て中の夫婦らと懇談する山口代表(右端)=23日 福岡市

公明党の山口那津男代表は23日、福岡市内で開かれた党福岡県本部主催の「子育て懇談会」に出席した。同県本部の大坪真由美、川上多恵の両福岡市議が同席した。

懇談会には、県内在住の子育て世代の夫婦らが対面式やオンラインで参加した。

参加者からは、「将来の教育費負担が大きくならないか心配」「貧困・格差の問題にどう取り組むのか」などの声が上がった。

山口代表は、「社会全体で子どもたちの未来を守り抜くことが重要」と力説。子育て・教育支援の充実などの観点から、高校3年生までの子どもに1人当たり一律10万円相当を支援する「未来応援給付」の実現や、結婚、妊娠・出産から大学など高等教育までの支援を充実する「子育て応援トータルプラン」の策定に全力を挙げると語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア