公明党トップ / ニュース / p196068

ニュース

2021年10月21日

いなつ、岡本候補 必勝を

石井幹事長が力説

岡本候補(左)の逆転勝利へ絶大な支援を訴える石井幹事長=20日 東京・豊島区

石井幹事長は、逆転勝利をめざす公明党前職のいなつ久(北海道10区、自民党推薦)、岡本みつなり(東京12区、同)両候補の勝利へ、北海道留萌市、東京都豊島区で開かれた街頭演説会などに駆け付け、「コロナ禍で傷んだ日本を再生できるのは、安定した政権運営の下で政策を着実に実現することができる自公連立政権だ」と訴え、公明党候補への絶大な支援を呼び掛けた。

街頭演説会で石井幹事長は、新型コロナウイルス対策について、岡本候補が自衛隊を活用したワクチン接種を国会で提案し、国による大規模接種センターの開設につなげた実績を強調。「コロナ収束の切り札となる経口薬(飲み薬)の開発・実用化も岡本候補と共に支援していく」と力説した。

岡本候補は「国民の命を守り、経済再生を前に進めるため、全力で働く」と必勝への決意を訴えた

いなつ候補(中)への支援を呼び掛ける茂木外相(右)と石井幹事長=20日 北海道留萌市

一方、留萌市で行われたいなつ候補の個人演説会には、茂木敏充外相が出席した。

茂木外相は、いなつ候補がコロナ対策の最前線で現場の声を聴きながら、臨機応変な対応に取り組んできたことを強調した上で「コロナ禍を乗り越え、新しい日常をつくるのは自公の安定政権しかない。いなつ候補と共に日本の政治を前に進めていく」と訴えた。

いなつ候補は「第一次産業の振興や地域経済の再生などに全力を挙げ、必ずや期待に応えていく」と決意を述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア