公明党トップ / ニュース / p195351

ニュース

2021年10月18日

線上で熾烈な攻防

北がわ一雄 前
大阪16区=堺市(堺区、東区、北区)

公明前職の北がわ一雄(自民推薦)と立憲前による事実上の与野党一騎打ち。立憲は党幹部を投入し、2009年以来の小選挙区での議席奪還へ強力にテコ入れ。加えて共産の全面支援を受け、急速に支持を広げる。野党共闘の勢いに押される北がわは立憲との差を詰め切れず、このままでは極めて危険。立憲・共産の野合を打ち砕く執念の猛攻で、保守、無党派層へのさらなる支持拡大が絶対不可欠。

佐藤しげき 前
大阪3区=大阪市(大正区、住之江区、住吉区、西成区)

公明前職の佐藤しげき(自民推薦)と、共産新、立憲元、無所属新が激突。共産、立憲は街頭活動に党幹部を相次ぎ投入するなど、攻勢をかける。ともに政権批判層の受け皿となり、急浮上している。無所属は公明批判を繰り返し、切り崩しに躍起。佐藤は前回に比べて無党派層への浸透が弱い上、保守層への拡大も足りず、危うい情勢。競り合いを制するには、保守、無党派層への爆発的な支持拡大が不可欠。

国重とおる 前
大阪5区=大阪市(東淀川区、淀川区、西淀川区、此花区)

公明前職の国重とおる(自民推薦)と共産元が激しく競り合い、れいわ新、無所属新が続く。参院1期を経て衆院比例区で4回連続当選のベテランを擁立した共産は大阪5区を必勝区と位置付け、党幹部を相次ぎ投入。立憲の支持層へ浸透を進めるほか、高い知名度を生かして無党派層の支持でも国重と肩を並べる。国重は保守、無党派層の支持が伸びず緊迫した状況。混戦突破には他を圧倒する猛拡大しかない。

いさ進一 前
大阪6区=大阪市(旭区、鶴見区)、守口市、門真市

公明前職の、いさ進一(自民推薦)は前回、比例復活した立憲前と再び一騎打ち。事実上、野党統一候補の立憲は共産との選挙協力・候補者一本化を決定。共産の比例近畿ブロック予定候補の街頭活動に応援に駆け付けるなど、共産支持層への浸透を図り、急浮上している。いさは無党派層への拡大量に欠け、保守層への食い込みもまだ弱い。勢いづく立憲との大混戦を制する攻めの拡大が急務となっている。

赤羽かずよし 前
兵庫2区=神戸市(兵庫区、北区、長田区)、西宮市(塩瀬、山口の両支所管内)

公明前職の赤羽かずよし(自民推薦)が立憲新、共産新と激しく争う。立憲は広宣物の大量配布に加え、党幹部を投入し街頭演説会を精力的に開催。無党派層の多い北部地域で浸透し、拡大量で赤羽をしのぐ。共産はオンライン演説会など活発に行い地盤を固め、上積みを図る。赤羽はこれまで国土交通相の公務で地元に戻れず、出遅れを挽回できていない。保守層、無党派への積極果敢な攻めが勝利のカギ。

「兵庫2区の詳細」

神戸市(兵庫区、北区、長田区)
西宮市【塩瀬支所管内】
青葉台1~2丁目、清瀬台、国見台1~6丁目、塩瀬町名塩、塩瀬町生瀬、名塩1~3丁目、名塩赤坂、名塩ガーデン、名塩木之元、名塩さくら台1~4丁目、名塩山荘、名塩新町、名塩茶園町、名塩東久保、名塩平成台、名塩南台1~4丁目、名塩美山、生瀬高台、生瀬町1~2丁目、生瀬東町、生瀬武庫川町、花の峯、東山台1~5丁目、宝生ケ丘1~2丁目
【山口支所管内】
北六甲台1~5丁目、すみれ台1~3丁目、山口町上山口、山口町上山口1~4丁目、山口町金仙寺、山口町金仙寺1~3丁目、山口町香花園、山口町下山口、山口町下山口1~5丁目、山口町中野、山口町中野1~3丁目、山口町名来、山口町名来1~2丁目、山口町阪神流通センター1~3丁目、山口町船坂

中野ひろまさ 前
兵庫8区=兵庫県尼崎市

公明前職の中野ひろまさ(自民推薦)と共産新が激しく競り合い、れいわ元が続く。政権批判層の受け皿となり、勢いを増す共産は広報活動を強化。立憲支持層や子育て世代への浸透を進める一方、無党派層への支持も着実に広げる。れいわは活発な街頭宣伝活動で公明批判を繰り返し、切り崩しに躍起。中野は思うように保守、無党派層への拡大が進んでいない。他を圧倒する執念の総拡大が不可欠だ。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア