公明党トップ / ニュース / p193530

ニュース

2021年10月9日

国民に方向性を明示

未来応援給付 実現めざす 
記者団に山口代表 

記者団の質問に答える山口代表=8日 国会内

公明党の山口那津男代表は8日午後、国会内で記者団に対し、岸田文雄首相の所信表明演説を受け、大要次のような見解を述べた。

一、大変力強い演説だった。自公連立政権合意を踏まえ、主要な政策を組み立て直して国民に分かりやすく提示していた。これからの連立政権の運営の方向性を明確に国民に示すことができたのではないか。この方針を基に衆院選に向かい、政権選択をお願いしたいと思う。

代表質問で何を訴えるかについて

経済政策では、分配戦略に重きを置いていると受け止めた。この点で「子育て支援」「給付金」という言葉が出ていた。0歳から高校3年生まで1人一律10万円を給付する「未来応援給付」という公明党の考え方も許容範囲ではないか。その基本的な姿勢を問い掛けたい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア