公明党トップ / ニュース / p192346

ニュース

2021年10月4日

政権合意 実現へ総力

党公式ユーチューブ番組「山口なつおチャンネル」より 
コロナ克服し経済再生 
未来担う子ども、若い世代応援 
謙虚な姿勢で真摯に運営

動画投稿サイト「ユーチューブ」で、新型コロナウイルスへの対応など国民が知りたいと思うことに答える「山口なつおチャンネル」。2日に配信された動画では、山口代表が1日に自民党と結んだ連立政権合意の内容を紹介しました。山口代表の発言は大要、次の通りです。

連立政権合意について語る山口代表

【連立政権合意の意義】

連立政権合意の意義は2点あります。一つは、国会での首相指名では連立与党として自公両党は同じ人を指名することが必要になるため、あらかじめ連立政権合意を結び、これを実現するという決議を込めて合意をすることです。もう一つは、連立政権の方向性を合意の中に入れ込むことです。

【連立政権合意の内容】

今回の合意は、国民の声を聴き、謙虚な姿勢で真摯に政権運営に当たる姿勢を示しました。その上で、10項目の柱を立てました。コロナを乗り越えるための施策では、医療提供体制を整えるとともに、ワクチンと治療薬を国産で開発し、実用化できる体制をつくり上げることを掲げました。

さらに、コロナで打撃を受けている社会や経済を立て直すため、中小企業を応援し、困窮した家庭や孤独や孤立に悩んでいる人たちを救済します。これからの大きな目標として、脱炭素社会、デジタル社会をつくり上げ、それを担う人を育てます。

公明党が力を入れたのは、子ども、若い世代を応援して、未来を担っていただく施策です。また、国民の声に応えて当選が無効になった議員の歳費返納を法律上の義務にする案を作り、これを早期に実現することも合意の中に盛り込みました。

【連立政権での公明党の役割】

公明党は小さな声を聴き、これを政府に届けて政策を実現する力があります。例えば、消費税の軽減税率の導入は公明党が強く訴え、実現したものであり、コロナ禍でも、大変役に立っています。昨年実施した1人10万円の特別定額給付金も公明党が突破口を開き、合意をつくり出しました。国民の声に敏感な公明党の存在が連立政権には必須です。

【衆院選に向けて】

世界中がコロナのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けました。日本を立て直す、また世界と協調しながら、世界を立て直していく。このダイナミックな実行力が必要です。衆院選では、何としても公明党が勝ち抜き、これをやり抜いてまいりたい。

 

 

こちらから動画を視聴できます

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア