公明党トップ / ニュース / p192318

ニュース

2021年10月3日

自公で「安定政治」前へ

衆院選断じて勝利、日本を再生 
北海道で山口代表、いなつ氏

いなつ氏(左)の必勝へ絶大な支援を呼び掛ける山口代表=2日 北海道留萌市

公明党の山口那津男代表は2日、北海道岩見沢、滝川、留萌の各市で開かれた街頭演説会に、いなつ久衆院議員(衆院選予定候補=北海道10区)と共に出席し、1日に自民、公明両党で連立政権合意を新たに交わしたことに触れた上で「自公が協力し合うことによって安定した政治が前に進められ、国民が望む政策を実現することができる。その先頭に、いなつ氏を立たせてください」と、力強く支援を呼び掛けた。

山口代表は、連立政権合意の内容について「国民の声を聞き、謙虚な姿勢で真摯な政権運営に努めるという基本姿勢を盛り込んだ。これが自公政権の原点だ」と強調。合意文書には政権として取り組む政策を10項目掲げたとして、政権選択選挙である衆院選に向け「今後の日本が進むべき方向性をはっきりと国民に示す内容になった」と語った。

その上で、新型コロナウイルスの感染者数が減少している現状に触れ「大事なことはコロナ禍を克服し、次の備えを固めていくことだ」と指摘。公明党がワクチンの確保や供給、円滑な接種、治療薬の特例承認などに尽力してきた実績を強調し、連立政権合意に基づき、経口薬(飲み薬)の開発も含め「国産ワクチン・治療薬の開発体制を強化していきたい」と述べた。

力強い日本の再生に向けては「感染が収束し、ワクチンが行き渡った状況を見て、(需要を喚起する)新しい『Go Toキャンペーン』をやりたい」との考えを表明。子育て世帯への支援強化では、0歳から高校3年生までの子ども1人当たり10万円相当を支援する「未来応援給付」や、出産育児一時金の50万円までの引き上げを成し遂げたいとの考えを訴えた。

いなつ氏は、厚生労働副大臣時代に、雇用調整助成金の拡充やワクチンの円滑な接種に尽力してきたことを報告。その上で、コロナの収束に総力を挙げるとともに、地域観光や農林水産業の振興に力を入れていくと述べ、「自公で政治を前に進めるため、全力で闘う」と決意を語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア