公明党トップ / ニュース / p191242

ニュース

2021年9月26日

衆院選小選挙区予定候補 この人に期待します

間近に迫った衆院選で公明党が擁立する小選挙区予定候補9人は、いずれも高い見識と人格を兼ね備えた実力派です。各界から期待の声を寄せてもらいました。(年齢は掲載日現在)

「一緒に動いてくれる味方」
BONDプロジェクト代表・橘ジュン氏
いなつ久 現=北海道10区(空知総合振興局、留萌振興局管内)

いなつ久 現

いじめや貧困などで生きづらさを抱える10代、20代の女性を支援する活動の中で、親身になって一緒に動いてくれる強い味方が、いなつ久さんです。

緊急事態宣言の影響でネットカフェが休業しないよう働き掛けてくれたのもその一例。父親の暴力など家庭の問題で居場所を失って寝泊まりしていた女性など多くの人が救われました。

コロナ禍で企業からの寄付が減り、運営資金に行き詰まりそうになった時も、いなつさんに相談した結果、国の助成が前倒しで受けられるようになりました。これからも、行動力と実現力に期待しています。

党北海道本部代表。前厚生労働副大臣。北海道芦別市出身。道議3期。衆院当選4回。専修大学卒。63歳。

北海道10区の詳細

夕張市、岩見沢市、留萌市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、南幌町、奈井江町、上砂川町、由仁町、長沼町、栗山町、月形町、浦臼町、新十津川町、妹背牛町、秩父別町、雨竜町、北竜町、沼田町、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町

「日本を元気にする政治家」
元F1ドライバー・片山右京氏
岡本みつなり 現=東京12区(東京都北区全域、足立区西部、豊島区東部、板橋区北部)

岡本みつなり 現

F1ドライバーを引退した後、さまざまなスポーツに携わりつつ、現在は自転車競技の発展に挑んでいます。2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会では、自転車競技の運営責任者であるスポーツマネージャーを務めました。

世界中の人と仕事をしてきましたが、岡本みつなりさんの魅力は、明るく紳士的な人柄。何より、日本をもっと良くしたい情熱に満ちた姿が素晴らしいです。

私はコロナ禍の日本を、スポーツを通じ、少しでも元気にしたいと活動しています。岡本さんは、日本を元気にしてくれる政治家です。期待しています。

党国土交通部会長。元外務大臣政務官。衆院当選3回。創価大学卒。米ケロッグ経営大学院修了。56歳。

東京12区の詳細

【北区】全域

【足立区】入谷1~9丁目、入谷町、扇2丁目、小台1~2丁目、加賀1~2丁目、江北1~7丁目、皿沼1~3丁目、鹿浜1~8丁目、新田1~3丁目、椿1~2丁目、舎人1~6丁目、舎人公園、舎人町、堀之内1~2丁目、宮城1~2丁目、谷在家2~3丁目

【豊島区】上池袋1~4丁目、巣鴨1~5丁目、西巣鴨1~4丁目、北大塚1~3丁目、南大塚1~2丁目、駒込1~7丁目

【板橋区】新河岸1~2丁目、舟渡1~4丁目

「万博成功へ政治をリード」
一般社団法人大阪府木材連合会会長・津田潮氏
佐藤しげき 現=大阪3区(大阪市(大正区、住之江区、住吉区、西成区)

佐藤しげき 現

佐藤しげきさんは、会うたびに気さくに声を掛け、相談事にも一つ一つ丁寧に応じてくださる、人格・識見ともに優れた方です。

先日、懇談した際にも、「脱炭素社会」の構築に向け、木材を活用した“森林の循環”を進めるための方策について、的確なご意見をいただきました。

大阪では、4年後の「大阪・関西万博」の成功へ、各種団体や企業、行政が協力して準備が進められています。与党・公明党の国際博覧会推進本部長の重責を担う佐藤さんには、万博が日本の再生につながるよう大いに期待し、心から応援させていただきます。

元厚生労働副大臣。党幹事長代理、同2025年国際博覧会推進本部長。衆院当選9回。京都大学卒。62歳。

「ワクチン開発促進の力に」
大阪大学大学院寄付講座教授・森下竜一氏
国重とおる 現=大阪5区(大阪市(東淀川区、淀川区、西淀川区、此花区)

国重とおる 現

新型コロナウイルスのワクチン開発に携わっている私は、国重とおるさんら公明党議員と意見交換を重ねる中で、国産ワクチン開発に向けた国の積極的な関与を求めてきました。公明党はこうした声に応え、臨床試験への財政支援などを実現させました。私は公明党の取り組みを高く評価し、心強く思っています。

国重さんはコロナ対策のほか、教育費の支援や大阪の防災力の強化などの政策も推進してきました。コロナ禍を乗り越え、安全・安心に暮らせる街づくりを進めるためには、国重さんの力が必要です。今後の一層の活躍を願っています。

元総務大臣政務官。党国会対策副委員長。弁護士、税理士。防災士。衆院当選3回。創価大学卒。46歳。

「科学技術の未来を開く人」
日本弁理士政治連盟副会長・稲岡耕作氏
いさ進一 現=大阪6区(大阪市(旭区、鶴見区)、守口市、門真市)

いさ進一 現

いさ進一さんを応援し始めて約10年。誠実で謙虚な人柄が魅力で、常に現場に耳を傾けながら行動する姿を頼もしく思っています。

弁理士の専門分野である特許や商標など知的財産について、科学技術庁(現・文部科学省)勤務時代に携わった経験を生かし、公明党の知的財産制度に関する議員懇話会の一員として力を発揮していただいているのが、いささんです。

これから日本が経済成長を果たしていく上で、知的財産制度の適切な運用は欠かせません。科学技術政策に長け、強い信念で政治を動かせるいささんの活躍を大いに期待しています。

元財務大臣政務官。党厚生労働部会長。衆院当選3回。東大卒。米ジョンズ・ホプキンス大院修了。46歳。

「現場目線で大阪の食守る」
千房株式会社 代表取締役社長・中井貫二氏
北がわ一雄 現=大阪16区(堺市(堺区、東区、北区)

北がわ一雄 現

気さくな人柄で、いつも親身に寄り添って話を聞いてくださる北がわ一雄さんにお世話になっています。

私の会社は国内外でお好み焼きチェーンを展開していますが、コロナ禍の影響で非常に苦しい経営状況が続いています。北がわさんは雇用の大きな受け皿である外食産業を支え抜こうと、常に現場目線で動き、雇用調整助成金の特例措置と期間延長、事業再構築補助金など数多くの支援策を実現。“援護射撃”に本当に助けられました。

2025年大阪・関西万博も見据え、大阪の食を守り抜くため、北がわさんの実行力に期待しています。

党副代表。元国土交通相・観光立国担当相。弁護士、税理士。衆院当選9回。創価大学卒。68歳。

「改革実現へ光る“突破力”」
DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局長 佐藤聡氏
赤羽かずよし 現=兵庫2区(神戸市(兵庫区、北区、長田区)、西宮市(塩瀬、山口の両支所管内))

赤羽かずよし 現

赤羽かずよしさんと初めて会ったのは、2018年のバリアフリー法改正を審議する国会の参考人質疑の時です。政策に通じた赤羽さんの話を聞いて「障がい者への愛があるな」と感じたのが第一印象でした。

赤羽さんの魅力は突破力です。国土交通相として公立小中学校のバリアフリー化の義務付けや新幹線の車いす専用スペースの拡充を実現した際も、現場の声を聞いて目標を示し、改革を阻む壁を打ち破っていく実行力を感じました。今後は、障がい者も健常者も同じ教室で学ぶインクルーシブ教育の導入にも力を発揮してほしいと願っています。

国土交通相。党兵庫県本部代表。元財務副大臣、元経産副大臣。衆院当選8回。慶應義塾大学卒。63歳。

兵庫2区の詳細

神戸市(兵庫区、北区、長田区)

西宮市【塩瀬支所管内】青葉台1~2丁目、清瀬台、国見台1~6丁目、塩瀬町名塩、塩瀬町生瀬、名塩1~3丁目、名塩赤坂、名塩ガーデン、名塩木之元、名塩さくら台1~4丁目、名塩山荘、名塩新町、名塩茶園町、名塩東久保、名塩平成台、名塩南台1~4丁目、名塩美山、生瀬高台、生瀬町1~2丁目、生瀬東町、生瀬武庫川町、花の峯、東山台1~5丁目、宝生ケ丘1~2丁目、【山口支所管内】北六甲台1~5丁目、すみれ台1~3丁目、山口町上山口、山口町上山口1~4丁目、山口町金仙寺、山口町金仙寺1~3丁目、山口町香花園、山口町下山口、山口町下山口1~5丁目、山口町中野、山口町中野1~3丁目、山口町名来、山口町名来1~2丁目、山口町阪神流通センター1~3丁目、山口町船坂

「生活者支える政治貫く」
日本弁護士政治連盟副理事長 春名一典氏
中野ひろまさ 現=兵庫8区(兵庫県尼崎市)

中野ひろまさ 現

冬柴鉄三さんの後継として立ったときから、中野ひろまささんを応援しています。生活者目線を貫き信頼を集める姿は、冬柴さんに通じるものを感じます。

公営住宅で家具転倒防止のため開けたネジ穴などを原状回復義務の対象外にするよう求めると、すぐに地方議員と連携し実現。国会では法曹養成を担う法科大学院の制度改革を後押ししてくれました。コロナ禍では経済産業大臣政務官として事業者支援に奔走。中小企業の街・尼崎にとって、なくてはならない人です。

これからも小さな声に応え、尼崎と日本の未来のために頑張ってほしいです。

前経産・内閣府・復興大臣政務官。党経産部会長。衆院当選3回。東大卒。米コロンビア大院修了。43歳。

「誠実な人柄にほれ込んだ」
広島東洋カープオーナー・松田元氏
斉藤てつお 現=広島3区(広島市(安佐南区、安佐北区)、安芸高田市、安芸太田町、北広島町)

斉藤てつお 現

斉藤てつおさんは初々しい青年の心を持ち続け、誰に対しても真摯に向き合う姿勢が素晴らしい。誠実な人柄にほれ込んでいます。

政策をつくるのは、あくまで人です。斉藤さんは現場を回って住民の悩みや苦しみ、喜びなどを全部吸収して、その「一人」から政策を導き出している。だから彼が進める政策なら間違いないと思うのです。

地域の産業構造は急速に変わっています。その変化に対応していくために、経験豊かで実行力のある斉藤さんが、どれだけ役立ってくれるか計り知れません。広島にとって、日本にとって絶対に必要な存在です。

党副代表。元環境相。党幹事長などを歴任。衆院当選9回。東京工業大学大学院修士課程修了。69歳。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア