公明党トップ / ニュース / p189169

ニュース

2021年9月18日

抗体カクテル 往診、全国展開を

投与後の経過観察、万全に
記者会見で石井幹事長

記者会見で見解を述べる石井幹事長=17日 衆院第2議員会館記者会見で見解を述べる石井幹事長=17日 衆院第2議員会館

公明党の石井啓一幹事長は17日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、新型コロナウイルス感染症の軽症・中等症患者に対する「抗体カクテル療法」について、自宅への往診でも使用できるよう国がモデル事業実施後、全国展開する方針を示したことに触れ、「公明党が従来から求めてきたことであり、歓迎したい」と評価した。=関連記事3面

その上で、モデル事業を行う中での課題として、保健所との連携や投与後の経過観察などを挙げ、「自宅療養者の重症化を防ぐ取り組みに全力で当たってもらいたい」と力説した。

中国が環太平洋連携協定(TPP)参加を正式申請したことでは、「新しく参加を表明すること自体、歓迎すべきことだ」と述べた上で、国有企業への過度な優遇の是正など自由度の高い規定に対し「中国が満たす意思と実際の行動があるか冷静に見ていかなければならない」と語った。

一方、17日に告示された自民党総裁選に関しては、コロナ禍の克服や、その後の新たな日本社会のあり方、経済、社会保障、外交安全保障など「国政全般にわたって活発な議論が展開されることを期待したい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア