公明党トップ / ニュース / p188595

ニュース

2021年9月15日

共産「暴力革命」変わらず

「敵の出方論」政府が改めて見解

加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、共産党の「いわゆる敵の出方論」に立った暴力革命の方針について、「変更ないものと認識している」と改めて政府の立場を説明した。公安調査庁はホームページで、共産党について「革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする『いわゆる敵の出方論』を採用し、暴力革命の可能性を否定することなく現在に至っている」と指摘している。

同党の志位和夫委員長は今月8日の第3回中央委員会総会で、2004年の綱領改定後は「敵の出方論」との表現は使用していないと強調。しかし、加藤氏は会見で「先般の志位氏の発言により政府の認識は何ら変更するものではない」と表明した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア