公明党トップ / ニュース / p188581

ニュース

2021年9月15日

3回目接種の見通し示せ

地域差、縮める努力も 
記者会見で山口代表

記者会見で見解を述べる山口代表=14日 衆院第2議員会館

公明党の山口那津男代表は14日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、新型コロナウイルスワクチンについて、国民の半数超が2回接種を終えた現状に触れ、「ワクチン接種の一つの画期的なポイントだ。希望する人々が11月までに接種を終えられるよう一層取り組みを加速させていく必要がある」と強調した。

その上で、今後の課題として2回接種後に感染する人がいることを挙げ、3回目接種の必要性について、政府に海外の状況をよく分析しながら対応を検討すべきだと指摘。3回目に異なるメーカーのワクチンを使用する「交差接種」も含めて「政府として早く見通しを立てることが国民の安心につながる」と力説した。

また、地域間で接種の進捗状況に差がある状況に対しては、「ワクチンが、いつ、どれだけ地域に届くか具体的に示しながら進捗の差を縮小していく努力を政府に求めたい」と語った。

今月24日に米国で開かれる日米豪印4カ国(通称クアッド)による首脳会談では、「コロナ対策や気候変動への対応、自由で開かれたインド太平洋をどう確保していくのか。首脳間で認識を共有し、この機会を最大限生かしてもらいたい」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア