公明党トップ / ニュース / p188380

ニュース

2021年9月14日

コラム「北斗七星」

今月から始まった動画投稿サイト「ユーチューブ」の「山口なつおチャンネル」が好評だ。地域のオンライン会議で一緒に視聴した壮年らからは「内容が分かりやすく、人にも見せやすい」と弾んだ声が返ってきた◆続いて、党の政策パンフレットを使って対話を重ねた婦人は、知人から「実績や政策も知らないことばかり。公明党のアピール不足ね」と言われた。他の参加者もうなずいていたが、最後はパフォーマンスだけの政党は不要との意見でまとまった◆先週、野党4党が衆院選に向けた「共通政策で合意」とのニュースがあった。しかし、報じた各紙は「実現可能性に課題の多い項目が並び」(読売)、「『政権交代』ではなく、『新しい政治を実現』という文言で折り合った」(朝日)など、野党の本気度を疑問視する◆根幹政策の違いや財源を曖昧にしたままの政策合意は、国民の目を欺く選挙向けのパフォーマンスと受け取られるだろう。これでは政治不信が高まるばかり◆公明党の武器は議員や党員、支持者による一対一の対話。コロナ禍にあってはSNSの活用といった党からの発信力に一層、力を入れなければならない。その上で最も大切なのは、国民に寄り添った実績と希望あふれる政策を積み重ね、政治の信頼を回復すること。公明党の本領発揮の時だ。(歩)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア