公明党トップ / ニュース / p188151

ニュース

2021年9月11日

大和川の水質改善へ

大阪で佐藤(し)氏、現場を視察

大和川で関係者から話を聴く佐藤(し)氏(右から2人目)ら=10日 大阪市住吉区

公明党の佐藤しげき衆院議員は10日、大阪市住吉区の大和川河川敷を訪れ、周辺の整備事業について国土交通省の担当者から話を聴いた。地元議員が同席した。

かつて水質を示す指標で全国ワーストとなっていた大和川について、国交省大和川河川事務所の白波瀬卓哉所長は、流域の住民や企業などの清掃活動や、延長約36キロにわたって22カ所設置している河川浄化施設などにより「水質は着実に改善されている」と説明。その上で、一部の区間で予定されている護岸整備工事の設計を「来年の3月末までにまとめたい」と述べた。

佐藤氏は、「水質の向上や命を守る治水対策を一体で進めるため、予算措置など中長期的な視点で後押ししていきたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア