公明党トップ / ニュース / p186861

ニュース

2021年9月6日

コラム「北斗七星」

妻が、力を込めて言う。「おしゃべりは最高のストレス解消法よ」。さっきまで、保育園の頃から知る息子の同級生と通話していた。じっくり聞き、ときおり笑い、男どもをけなし、ちょっとアドバイス。「ダンナと赤ちゃんだけだから、辛いよね。ましてコロナだから」◆コロナ禍の影響について、子育て中の保護者(ほとんど母親)にたずねたところ、6割が「子育てについて気軽に話せる相手や機会」が減った、と答えた。また、欲しい支援のトップは「小さな愚痴や不満を気軽におしゃべりできる場」。特に、0~2歳児の保護者ではダントツだった(国立成育医療研究センター)◆別の調査では、子育て中のママの半数以上が子育てに孤独感や寂しさを感じ、その8割がコロナ禍の影響だと考えている◆通常時でさえ出産後は気持ちが不安定になりがち。それが、パンデミックのため、産後もずっと家にいて、家族・親族以外とはほとんど会話していないママが多い(フォトワ家族フォト総研)◆電話やオンラインを活用した相談コーナーがさまざま開設されている。地域の保健所や保健センターなどに問い合わせてはどうか。専門的でなくても、何気ないおしゃべりが心の中の氷を、溶かしていくのだろう。子育て家族への温かい声かけが求められている。(繁)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア