公明党トップ / ニュース / p185042

ニュース

2021年8月27日

臨時医療機関 拡大急げ

早期の治療開始に向けて 
塩田氏

質問する塩田氏=26日 参院厚労委

26日の参院厚生労働委員会で公明党の塩田博昭氏は、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅療養者が全国で急増し、救急搬送が困難な状況が生じている現状に懸念を示し、早期に治療を開始できるよう「酸素投与できる体育館などを使った臨時の医療機関の設置拡大を急ぐべきだ」と訴えた。

この中で塩田氏は「入院待機ステーションや臨時の医療施設において、患者への治療をしっかり開始できる医療体制の構築を急ぐべき」と述べ、必要な人材の確保を訴えた。

田村憲久厚労相は「新規感染者の急激な減少が難しい中で、(酸素投与が必要な)中等症Ⅱの患者が療養できる病床をつくっていかないと、いつまでも(緊急事態宣言が)解除できない」との認識を示し、「各都道府県と話し合い、臨時の医療施設も含めた病床などの確保に、しっかり対応したい」と応じた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア