公明党トップ / ニュース / p185005

ニュース

2021年8月27日

コラム「北斗七星」

ネット上などで「陰謀論」という言葉に出合うことがある。昨年の米大統領選では、トランプ氏の支持者の中に「選挙に不正があった」として、敗北を認めない人たちがいた。彼らが「不正」の根拠としたのは、SNSに発信されたデマや根拠のない情報だった◆「何でこんな情報を信じるのか」と不思議な気がする。だが熱狂的な支持者の中には、トランプ氏は「世界を支配している邪悪な勢力と闘う正義の味方」と信じる人が多い。選挙結果も“邪悪な勢力”の陰謀によってねじ曲げられたものだと主張する◆現在のコロナ禍でも陰謀論が出回っている。「携帯通信の5Gがウイルスを生み出した」「コロナワクチンを接種するとマイクロチップが埋め込まれ監視される」といった類いだ◆これほど極端な話ではなくても「ワクチンを打つと不妊になる」「遺伝子が組み換えられる」などのデマ情報は多い。SNSに接する機会の多い若い世代を中心に影響をうける人が多く、ワクチン接種が進まない一因にもなっている◆ネット上にはさまざまな情報が飛び交っている。本当はデマでも、つい信じてしまいそうな情報も多い。情報をうのみにせず、他の意見などを冷静に確認することが必要だろう。未確認の情報を人に伝えたり、ネットで拡散することも厳に慎みたい。(千)

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア