公明党トップ / ニュース / p184582

ニュース

2021年8月25日

妊婦受け入れ拡充せよ

コロナ感染、救急搬送体制を強化 
都議会公明党が小池知事に要望

小池知事(中央)に緊急要望する都議会公明党=24日 都庁

東京都議会公明党(東村邦浩幹事長)は24日、都庁内で小池百合子知事に対して、千葉県柏市で新型コロナに感染して自宅療養中だった妊婦が救急搬送先を探している最中に早産し、新生児が亡くなった事案を踏まえ、妊婦や新生児の命を守る医療提供体制の強化を要望した。

席上、東村幹事長は、出産を間近に控えた妊婦が新型コロナに感染した場合の受け入れ先拡充を要請。妊婦の救急搬送先を調整する「周産期搬送コーディネーター」の増員のほか、妊婦とその配偶者を都が設置するワクチン大規模接種会場の優先接種対象に加えるよう求めた。

小池知事は「しっかり対応する」と答えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア