公明党トップ / ニュース / p184578

ニュース

2021年8月25日

「多様性」象徴する大会に

コロナ急拡大 医療維持、感染抑制に全力 
記者会見で山口代表

記者会見で見解を述べる山口代表=24日 衆院第2議員会館

公明党の山口那津男代表は24日午前、衆院第2議員会館で記者会見し、東京パラリンピック開催に触れ、パラアスリートの活躍にエールを送った。山口代表の発言は大要、次の通り。

【東京パラリンピック】

一、苦難を乗り越えながらパラアスリートとして鍛え、蓄えてきた力を存分に発揮してほしい。運営では、検査体制や感染者が出た場合の対応も含め徹底した注意を払い、大会を安全に成功へ導いてもらいたい。

一、パラリンピックは多様性を尊重する社会の流れを象徴する行事だ。バリアフリーの地平を広げる突破口にもなり得る。バリアフリーの促進だけではなく、積み重ねられた技術や経験を障がい者の日常生活・活動に生かしていくべきだ。

【新型コロナ対策】

一、(感染者急増への対応について)病床や自宅療養者の容体急変に対応する医療体制の確保、「抗体カクテル療法」を施す場の拡大、酸素ステーション設置などを講じる必要がある。「8月末までに2回目のワクチン接種を終えた国民が40%超」の目標は達成した。①医療体制維持②個人が主体の感染防止策③ワクチン接種――の三つの柱を進めることが重要だ。

一、菅義偉首相の下、与党として政権をしっかり運営していくことが使命だ。コロナ対策が感染抑制に結び付くことに菅首相を先頭に全力で当たっていく。

【アフガンへの自衛隊機派遣】

一、出国を希望する日本人に手段を提供するのは国の責務だ。外国に依存するだけでなく、(自衛隊機派遣で)自らできることをやるという判断は人道的な対応だ。大使館職員なども含め希望する人々を安全、効果的に国外へ運べるよう努力を尽くしてもらいたい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア