公明党トップ / ニュース / p184084

ニュース

2021年8月23日

初の有権者比1%達成

若松氏、党員らの奮闘たたえる 
党福島・三春支部

初の「有権者比1%」達成を喜び合う党三春支部のメンバーら=22日 福島・三春町

福島県三春町で活動する公明党三春支部(支部長=松村妙子町議)は、9月度の公明新聞実配部数を159部に拡大。町内の有権者1万4500人(6月1日現在)に対して、初めて「1%」を突破した。

これを記念した愛読者大会が22日に同町で開かれ、駆け付けた若松謙維党機関紙推進委員長(参院議員)が推進に奮闘した党員、支持者に感謝を述べた。

同支部は、今年6月に「機関紙拡大で衆院選勝利の突破口を切り開こう」と奮起。分会ごとに目標を明確にし、議員、党員が緻密に連携を取りながら購読推進に挑戦した結果、全5分会で目標を達成した。

党員の渡辺助成さんは「コロナ禍で政治に注目が集まる今こそ公明党の成果を知ってもらう好機」と町内を奔走。畑山とよ子さんは「近隣住民に漏れなく声を掛けて5人が愛読者になった」と笑顔を輝かせた。

若松氏は「公明新聞こそが“党の生命線”であり、党勢拡大の強力な武器だ。全国をけん引する皆さんの闘いに心から感謝を申し上げます」とあいさつした。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア