公明党トップ / ニュース / p183386

ニュース

2021年8月20日

若者への接種推進を

党広島県議団が知事に要望

湯崎知事(左から3人目)に要望書を提出する栗原団長(右隣)ら=19日 広島県庁

公明党広島県議団(栗原俊二団長)は19日、県庁内で湯崎英彦知事と会い、新型コロナ対策と豪雨災害に関する要望を行った。

席上、栗原団長らは新型コロナ収束の切り札となるワクチン接種について、若い世代への接種を推進するよう要請。飲食・観光業や生活困窮者に対する支援策の継続・拡充も求めた。

また、記録的な豪雨によって県内各所で土砂崩れなどの被害が生じたことを踏まえ、「早期復旧へ積極的な対応を」と強く訴えた。

湯崎知事は「要望をしっかり受け止め、対応していく」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア