公明党トップ / ニュース / p180868

ニュース

2021年8月9日

被爆体験の継承を推進

長崎の平和集会で訴え 
秋野氏

あいさつする秋野氏=8日 長崎市

公明党の秋野公造参院議員は8日、長崎市内で開かれた核兵器廃絶・平和建設国民会議(KAKKIN)の長崎平和集会に出席し、あいさつした。

秋野氏は、同市立城山小学校(旧・城山国民学校)の敷地内にあり、2016年に枯死した被爆樹木のカラスザンショウについて言及。被爆の実相を伝える観点から、5月の参院決算委員会で、「カラスザンショウの保存・展示に向けた取り組みに対し、国の補助事業を使えるか」と質問。厚生労働省側から「活用可能」との旨の答弁を引き出したことを報告した。

その上で、「核兵器廃絶への思いを次世代に伝えるため、今後も被爆体験の継承に向けた取り組みを推進していく」と訴えた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア