公明党トップ / ニュース / p180312

ニュース

2021年8月6日

核なき世界の実現誓う

広島の原爆慰霊碑に献花 
山口代表、斉藤副代表ら

原爆死没者慰霊碑に献花する山口代表ら=5日 広島市

公明党の山口那津男代表は5日夕、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、核兵器廃絶を誓った。斉藤てつお副代表、平林晃、日下正喜の両組織局次長、党広島県本部(代表=田川寿一県議)の議員が同行した。

次いで山口代表らは、同公園内にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑へ。駐広島大韓民国総領事館の林始興総領事と共に花束を手向けた。

献花後、山口代表は「犠牲となられた方のご冥福をお祈りするとともに、被爆された全ての方々にお見舞い申し上げたい」と述べた。また、「黒い雨」を巡る訴訟で原告の全面勝訴が確定したことに関し「救済される人が増えた。原告以外でも同様の状況にあった多くの人を救済できるよう取り組んでいく」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア