公明党トップ / ニュース / p180257

ニュース

2021年8月6日

公明2議員 被疑者ではない

「心配かけ、心からおわび」 
議員事務所に家宅捜索 
中央幹事会で山口代表

中央幹事会であいさつする山口代表=5日 党本部

公明党の山口那津男代表は5日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、4日に東京地検特捜部が公明党2議員の議員会館事務所を家宅捜索したことについて、大要、次のような見解を述べた。

一、わが党の太田昌孝、吉田宣弘両衆院議員の議員会館事務所に東京地検による捜索・差し押さえが行われた。このようなこと自体、誠に由々しきことであり、国民の皆さまに心配をおかけしていることに心からおわびを申し上げたい。

一、貸金業法違反容疑で捜索・差し押さえが行われたが、その結果、被疑者は公明党の両議員ではなく、その下の秘書でもないことが現段階で判明した。そのことを明確に申し上げたい。

一、被疑者と両議員には全く面識がないことがはっきりしている。その上で、捜索・差し押さえを受けたことを厳粛に受け止めて、これからも誠意を持って捜査に協力していきたい。党として捜査の妨げにならないよう努めたい。いずれにしても国民の不信を招くような事態は断じて許されない。党として結束して対応に当たっていきたい。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア