公明党トップ / ニュース / p178699

ニュース

2021年7月30日

融資の返済猶予 柔軟に

ティグレと政策懇 
北がわ副代表ら

ティグレ連合会から要望を受ける北がわ副代表ら=29日 衆院第1議員会館

公明党の北がわ一雄副代表らは29日、衆院第1議員会館で中小企業・小規模事業者の経営を支援するティグレ連合会と政策懇談会を開き、新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望などを受けた。

席上、ティグレグループの橘悦二代表らは、新型コロナの影響で「事業者は経営体力を失いつつある」と強調。その上で、今後、多くの事業者が、政府系金融機関などから借り入れた資金の返済を始めることから、返済の猶予など柔軟な対応を求めた。

このほか、中小企業・小規模事業者の発展に向け、デジタル化や生産効率の向上に対する支援も要望した。

北がわ副代表は「少しでも前進ができるように取り組む」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア