公明党トップ / ニュース / p178670

ニュース

2021年7月30日

新型コロナ 緊張感持ち対策に総力

政府は速やかに次の一手を 
中央幹事会で山口代表

公明党の山口那津男代表は29日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、全国で新型コロナウイルスの感染が急拡大している現状に対し、「緊張感のある対応が求められる。党のネットワークを通じて感染対策をしっかりやり遂げていく」と力説した。

中央幹事会であいさつする山口代表=29日 党本部

山口代表は、埼玉、神奈川、千葉の首都圏3県に緊急事態宣言を発令するかどうかなどに関して「自治体から要請があれば、感染状況を客観的に認識し、専門家の意見を踏まえて、速やかに次の一手、実効性のある一手を政府として決めてもらいたい」と強調した。

また、28日に初会合が行われた政府・与党コロナ対策連絡会議で、与党から生活現場の実情を政府に伝えたと報告。「国民や事業者の現場の感覚を共有しながら物事を決め、対応を進めていく政府・与党の取り組みが極めて重要だ。国会の場でも与党だからこそ、的を射た議論をしていかなければならない」と力説した。

一方、東京五輪に関しては、選手の活躍やチームとして団結する姿が子どもたちや若い世代の学ぶ場になっているとの見解を表明。その上で「世界のアスリートが力を出し切れるよう安全・安心対策を徹底してやり遂げたい」と語った。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア