公明党トップ / ニュース / p178270

ニュース

2021年7月28日

コロナ克服し経済再生

山口代表 衆院選勝利へ結束固く 
自公、茨城で合同時局講演会

衆院選勝利へ協力強化を訴える山口代表=27日 茨城・水戸市

公明党の山口那津男代表は27日、茨城県水戸市で自民党同県支部連合会(会長=梶山弘志経済産業相)と公明党同県本部(代表=高崎進県議)が開催した合同時局講演会に石井啓一幹事長と共に出席し、自公連立政権でコロナ禍を乗り越え、日本経済を再生するため、秋までに行われる次期衆院選の勝利へ力強い支援を呼び掛けた。会合では、梶山経産相や高崎県代表、来賓として参加した大井川和彦知事があいさつした。

山口代表は、衆院議員の任期満了(10月21日)まで3カ月を切ったことを踏まえ「常在戦場の構えで準備を進めなくてはならない」と強調。難局を打開するために「政治の安定維持が日本にとって重要だ」と訴え、自公両党の選挙協力を一層強め、互いの目標達成を勝ち取る決意を語った。

ポストコロナに向けては「コロナ禍を教訓に、感染症に強い国づくりを進める」と力説。国産ワクチン・治療薬の迅速な開発支援を強化する考えを示した。

石井幹事長は、新型コロナの感染抑制に向け、ワクチン接種が進む高齢者の感染率が低下していることに触れ、「若い世代に早く接種してもらえるよう着実に進める」と力説した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア