公明党トップ / ニュース / p177019

ニュース

2021年7月19日

コロナ禍克服へ総力

里見氏と党愛知県本部女性局

党県本部女性局の街頭で党の活動をアピールする里見氏(中央)=17日 名古屋市

公明党愛知県本部女性局(局長=長谷川由美子・名古屋市議)は17日、名古屋駅前で街頭演説を行った。里見隆治県代表代行(参院議員)、長谷川局長らが党の活動をアピールした。

里見氏は、新型コロナウイルスワクチン接種に関して、公明党の国会・地方議員が連携して課題を共有し、国に緊急要望を繰り返してきたことで円滑に進んでいると強調。「コロナ禍を克服し、経済・生活の再生に取り組むことが大事だ」と述べ、脱炭素社会の構築、出産育児一時金の引き上げなどを推進していくと力説した。

次期衆院選について「比例東海ブロックで悲願の3議席奪還をめざす」と訴え、公明党への支援を呼び掛けた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア