公明党トップ / ニュース / p176960

ニュース

2021年7月19日

熱海の土石流災害 生活再建に全力挙げる

大口氏が現地調査、住民から課題聴取

伊豆山地区で岡本さん(左から4人目)から話を聴く大口氏(同2人目)ら=18日 静岡・熱海市

公明党「7月1日からの大雨非常災害対策本部」の大口善徳本部長(衆院議員)は18日、3日の土石流で甚大な被害が生じた静岡県熱海市を訪れ、被災者から話を聴き、被害状況を調査した。蓮池章平県議、米山秀夫、後藤雄一両市議が同行した。

大口氏らは、20日午前まで避難所となっている「熱海ニューフジヤホテル」を訪問。不安に感じていることなどを避難者から聞き取った。

自宅2棟が完全に流失した小林義則さん・朱美さん夫妻は「落雷のようなごう音が聞こえて外を見たら、大量の土砂と大木が家の前に押し寄せてきた。間一髪で逃げたが、30年以上住む地域が丸ごと流されてしまった」と肩を落とした。また、公的支援に必要な罹災証明書の発行が始まっていないことを挙げ「住まいの確保が心配だ」と語った。

被災現場で後方支援に当たる地元消防団の岡本吉浩さんは「テレビや固定電話が使えない地域がある」として情報面の支援を求めた。

調査を終えた大口氏は「県議、市議としっかり連携を取りながら、一日も早い生活再建に向けて全力を尽くす」と述べた。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア