公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p17664

ニュース

2018年12月9日

離島の利便性向上へ

愛知・篠島で国政報告 
伊藤、安江氏

あいさつする(左から)伊藤、安江の両氏=8日 愛知・南知多町

公明党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)は8日、公明議員空白区である同県南知多町の離島・篠島で国政報告会を開催した。これには伊藤県代表、里見隆治参院議員、安江のぶお党青年局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)、県・市・町議が出席した。

席上、伊藤氏は、公明党のリードで離島振興のための政府の予算が増えたことを強調。「人口減少がもたらす離島の課題は、将来、日本全体で起こり得る課題だ」と述べ「島の暮らしの利便性を向上できるよう全力を挙げる」と力説した。

安江氏は、日本が直面している、さまざまな課題を青年世代が解決していくとの決意を表明。「皆さまの声をしっかり国政に届けていく」と約束した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア