公明党トップ / ニュース / p176610

ニュース

2021年7月16日

労働者にプラスの影響を

中小企業の経営支援も万全に 
最低賃金引き上げで山口代表

中央幹事会であいさつする山口代表=15日 党本部

公明党の山口那津男代表は15日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、厚生労働相の諮問機関小委員会が今年度の最低賃金引き上げ額の目安を28円と決めたことについて、「働く現場、中小企業の経営にプラスに作用するよう党のネットワークを生かして取り組んでいきたい」と力説した。

山口代表は、コロナ禍の影響で昨年度の引き上げ額の決定が見送られた一方で、今年度の引き上げ額が過去最大となったことに触れ、「働く現場、特に働く人に好ましい作用を及ぼすように進めていくことが大事だ」と指摘した。

中小企業への影響については、「経営状況が思わしくない業種の中小企業経営者からすれば、かなりの不安を覚えると思う」と指摘した上で、「中小企業に対する経営支援策もしっかりと手当てしていくことが重要だ」と強調した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア