公明党公明党

公明党トップ / ニュース / p17497

ニュース

2018年12月7日

経済協力、交流を深化

山口代表 アラブ外交団と懇談 

アラブ外交団と懇談する山口代表(中央)ら=6日 衆院第1議員会館

公明党の山口那津男代表は6日、衆院第1議員会館で、在京のアラブ外交団と懇談した。外交団側は、アルジェリア、スーダン、アラブ首長国連邦、クウェートの各国駐日大使とパレスチナの臨時代理大使が出席した。石川博崇参院議員が同席した。

アルジェリアのモハメド・エル・アミン・ベンシェリフ駐日大使は、公明党が日本とアラブ諸国との関係構築に尽力していることに敬意を表明。両国関係のさらなる強化へ、「国会議員同士の交流や経済面での協力を深めたい」と語った。

山口代表は「経済的な関係の強化は大切だ」と応じるとともに、2020年の東京五輪などの機会に、両国間の人的交流が活発化することに期待を示した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア