公明党トップ / ニュース / p173474

ニュース

2021年6月26日

安定の都政、自公で築く

東京五輪 状況変化に機敏な対応を 
記者団に山口代表

公明党の山口那津男代表は25日午前、東京都調布市での街頭演説終了後、記者団の質問に答え、東京都議選で自民、公明両党が選挙協力する意義について「首都として、その役割を果たせる都政に向けて、安定的な都議会の基盤がつくれるよう両党で協力していきたい」と力説した。

東京五輪・パラリンピックへの対応で山口代表は、「開催する前提で、感染を防ぐ具体策が重要だ」と指摘。「(大会組織委員会、政府、東京都などは)観客数を制限しながら臨み、感染状況によって無観客も含めて対応すると決めた。変化に機敏に対応する力が必要だ」と強調した。

一方、立憲民主、共産両党が都議選でも共闘していることに対しては、「国政で立憲と共産は連立政権をめざすかのような動きがあったが、(安全保障など)基本的な政策で違いがたくさんある。無理な部分が前提にありながら、部分的に協力しようと言っても、後に禍根を残すばかりだ。到底、都民の理解は得られない」と指摘した。

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア