公明党トップ / ニュース / p172987

ニュース

2021年6月25日

党アピール

公明勝利でコロナ禍克服を

本日、東京都議会議員選挙が告示され、7月4日(日)の投票日に向けて決戦の火ぶたが切られます。公明党は、21選挙区で23候補を擁立し、きょうから9日間、全員当選をめざし、死力を尽くして戦ってまいります。

なにとぞ、都民の皆さま、全国の党員、支持者の皆さまの力強いご支持、ご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

東京都議選は、首都・東京のみならず、秋までに実施される衆院選を控え、国の動向をも左右する重要な選挙です。新型コロナウイルスの感染拡大をはじめ、自然災害の頻発化・激甚化、加速する少子高齢化など、さまざまな困難や課題から約1400万人に上る都民を守れるのは、どの政党、どの政治家なのかが問われます。

新型コロナという未曽有の危機に際して都議会公明党は、計49回397項目に上る緊急要望を都に提出し、そのほとんどを実現してきました。感染収束の切り札であるワクチン接種については、都独自の大規模接種の実施や打ち手を確保する協力金事業の創設、副反応が出た場合に対応する24時間体制の電話相談窓口の設置などを実現しています。

都議会公明党の強みは、党のネットワークを生かした“現場発の実現力”です。首都の防災・減災のため豪雨災害に備えた河川の護岸整備や調節池の整備などを推進。少子化対策として、私立高校の授業料実質無償化や10万円分の出産応援事業といった取り組みを進めました。

また、都議会は長年、一つの政党や会派が安定的に過半数を占める状況ではなく、都政を安定させ、都政改革を前進させるには、議会の合意形成に努める“要役”が必要であり、その役割を担い存在感を示してきたのが公明党です。議員の「身を切る改革」として、2017年度から実施してきた議員報酬20%削減の延長が決まりましたが、これも都議会公明党が提唱し、各会派をリードしたから実現できました。

都民の皆さま! 全国の党員、支持者の皆さま!

公明党の候補は、いずれも優れた政策立案力と行動力が持ち味の実力派、即戦力です。都議選史上かつてない大激戦の中で、公明23候補を取り巻く情勢は大変に厳しいものがあります。しかし、断じて負けるわけにはいきません。公明党が全員当選し、都政の舵取りをしてこそ、コロナ禍を克服し全世代が安全・安心な住みやすい首都・東京の構築が前進します。どうか、最後の最後まで公明党に絶大なるご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

2021年6月25日 公明党

公明新聞のお申し込み

公明新聞は、激しく移り変わる社会・政治の動きを的確にとらえ、読者の目線でわかりやすく伝えてまいります。

定期購読はこちらから

ソーシャルメディア